食事

ボディメイクをする女性には「たんぱく質」がおすすめ?

 

ボディメイクにおいて、食事はとても大切です。
(ボディメイクをする女性におすすめの食事法とは?」)
特に、ボディメイクをする女性に意識的に摂ってほしい「栄養素」があります。

ボディメイクをする女性に重要な栄養素とは?

ボディメイクをする女性には「バランスの良い食事」が大切です。
様々な種類の食材を食べて、バランス良く栄養素を摂取します。

まず、そのためには「三大栄養素」を必要量に合わせて摂取する必要があります。
三大栄養素とは、「たんぱく質・炭水化物・脂質」のことです。

特に、「たんぱく質」はボディメイクをする女性にとって重要な栄養素です。

ボディメイクをする女性には「たんぱく質」が重要?

基本的に、三大栄養素をしっかりと摂取することが大切ですが、
その中でも「たんぱく質」はボディメイクをする女性にとって、とても重要な栄養素です。

それはなぜなのか?

「ボディライン」というのは、筋肉で作られています。
その筋肉は、たんぱく質から作られています。

つまり、ボディラインをつくりボディメイクをしていく上で、ボディラインをつくる筋肉の原料となるたんぱく質が重要だからです。

では、実際にはどれくらいの「たんぱく質」を摂取すればボディメイクに良いのでしょうか?

1日あたりのたんぱく質摂取量の目安
体重1Kgあたり×2〜3g

体重が50Kgの場合、1日あたりおよそ100gのたんぱく質が摂取量の目安です。

しかし、現状は多くの人がたんぱく質を十分に取ることができていません。
実際、摂取できているたんぱく質は「体重と同じくらいの量」です。
ボディメイクをする女性は、意識的にたんぱく質を多く含む食材をとりましょう。

ボディメイクをする女性には「たんぱく質を多く含む食材」がおすすめ

1日あたりに必要なたんぱく質の摂取量、そして現状多くの人がたんぱく質を十分に取ることができていないことが分かりましたよね。では、どのような食材をとればたんぱく質が摂取できるのでしょうか?

たんぱく質を多く含む食材をピックアップしました。ボディメイクをする上で必要な「たんぱく質」をしっかりと摂取することができます。

お肉

基本的にお肉の種類によるたんぱく質の量はあまり変わりません。
含まれている脂質や糖質などが異なります。
牛肉ならば「赤身」・鶏肉ならば「胸肉やささみ」・豚肉ならば「ヒレ肉」などです。

お魚

特に「マグロの赤身」がおすすめです。たんぱく質がとても豊富で、脂質が少ないのでボディメイクにおすすめです。

大豆

大豆は、植物性のたんぱく質なのでヘルシーなので、ボディメイクだけではなくダイエットにも効果的です。

ヨーグルト

【引用】オイコス ダノンジャパン

脂質が少ない「ギリシャヨーグルト」もボディメイクにおすすめです。

その他の食材
   

ご飯やオートミール、牛乳にもたんぱく質は含まれます。
牛乳ならば低脂肪乳や無脂肪乳にして脂肪分を抑えることをおすすめします。そうすることで、よりボディメイクに効果的なものになります。

たんぱく質は「ビタミンB群」で吸収力アップ?

たんぱく質は、ビタミンB群を含む食材と一緒にとることで体に効率良く吸収されます。

ビタミンB群を多く含む食材というのは、「納豆や枝豆、キャベツやブロッコリーなど」です。

まとめ

ボディメイクをする女性にとって「たんぱく質」は重要です。
ボディメイクで必要となる筋肉をつくる原料だからです。1日あたりに必要なたんぱく質の摂取量は「体重1Kgあたり×2〜3g」です。
しかし、現状多くの人が十分にたんぱく質を摂取できていません。ボディメイクをする女性には「たんぱく質を多く含む食材を意識的にとること」をおすすめします。