試してみた

ジーンライフのダイエット遺伝子検査でパーソナル分析ができる?

みなさん、「ダイエット遺伝子検査」は知っていますか?
パーソナルトレーニングジムでも、このダイエット遺伝子検査を取り入れているところを見かけます。

「ダイエット遺伝子検査キット」を使ってみた!

ということで!私も肥満遺伝子が分かるダイエット遺伝子検査を受けてみました!

今回私が使ったのはこれ!「GeneLife(ジーンライフ)のダイエット遺伝子検査キット」です。

GeneLife(ジーンライフ)は、国内で唯一、遺伝子解析だけを専門に行っている検査会社です。これまでに60万人以上の遺伝子解析を行っています。今回私が使ったダイエット遺伝子検査キットも、遺伝子検査キットの国内シェア1位という実績もあるなかなかすごいダイエット遺伝子検査キットです。

ダイエット遺伝子検査キットとは?

そもそも「遺伝子検査」では、自分の体質や将来かかりやすい病気が分かります。
遺伝子は一生涯変わることがないので、検査は一度受ければ大丈夫です。
遺伝的なリスクを知ることで、生活習慣を見直して早い段階から的確な予防をすることができます。そして、このダイエット遺伝子検査で分かる「肥満遺伝子」は肥満に関係する遺伝子です。どの遺伝子に変異があるかによって、太る原因が異なります。
肥満に関係する遺伝子は、現在約50種類確認されています。そのうち日本人の健常者の約97%が、今回検査した下の3つの肥満遺伝子のいずれかに変異があるという統計結果が出ています。

  • β3AR(ベータ3エーアール)遺伝子
  • UCP1(ユーシーピーワン)遺伝子
  • β2AR(ベータ2エーアール)遺伝子

この検査結果は、肥満の要因の全てではなく、遺伝的に肥満のリスクが高い傾向があっても、個人の環境要因や生活習慣の改善によって予防が可能であるという記載がありました。つまり、検査結果によって自分の肥満に関する体質などの傾向が分かるけれど、対策次第で防ぐことができるということです。自分の身体を知るためのツールのひとつです。

使用方法

使い方はとっても簡単!
まず、箱を開けるとこんな感じ。

中には、採取棒と利用ガイドや検査申込同意書などが入っています。

この採取棒を使います。利用手順は利用ガイドに沿って行えばあっという間に終わります。
ちなみに私は不安だったので、採取棒で強めに・多めに頬の内側をこすって採取しておきました。笑

終わったら、採取棒と検査申込同意書を返信用封筒に入れて送れば検査は完了です!こんな簡単に検査ができるのは、とても手軽で良いなと思いました。

結果

待つこと約3週間。結果が届きました。

届いたのは、「検査結果報告書・遺伝子型ダイエットタイプに合った食事メニューが分かるレシピブック・検査結果のWeb閲覧サービスの案内」です。

検査結果報告書には、「検査結果・検査結果をもとにした遺伝子型ダイエットタイプ・遺伝子型ダイエットタイプに合ったアドバイス」が書いてあります。

検査結果なのですが、冊子を開いてすぐには書いていなくて、数ページめくると書いてありました。少しわかりづらかったです。笑

私の遺伝子型ダイエットタイプは?

今回、私のダイエット遺伝子検査の結果はバナナ型でした!


バナナ型と言っても、じゃあ他にはどんなタイプがあるの?と思いますよね。遺伝子型ダイエットタイプは全部で4つありました。

遺伝子型ダイエットタイプは4種類

私のタイプだった「バナナ型」も含めて、遺伝子型ダイエットタイプは主に4種類あります。

りんご型

内臓脂肪がつきやすくて、お腹ぽっこりタイプ
洋なし型

皮下脂肪がつきやすくて、下半身太りタイプ
特徴
糖質の代謝が苦手
糖質を筋肉に取り込むインスリンの働きが弱い傾向があるので、余った糖は内臓脂肪として蓄積されて「ウエスト」から太り始めます。
特に男性の場合は、ビール腹のようにお腹がぽっこりと突き出ます。ぽっちゃりしていて、丸顔の人に多いです。
食事の傾向
ご飯や甘いものが好き
血糖値を上げるご飯やパンなどの炭水化物や甘いものなどを好む傾向があるそうです。
ライフスタイルの傾向
血糖値が下がると落ち着かない
血糖値が下がることに体が敏感なので、空腹時にイライラしやすいです。そのため、食べ物の誘惑に負けやすい傾向があるそうです。
控えたい栄養素
糖質
ご飯・パン・麺類・芋類などは少なめにしましょう。砂糖を使った甘いものやバナナやパイナップルなどの糖質の高いフルーツ、ビールなどのお酒も控えましょう。
●特徴
皮下脂肪の代謝が苦手
皮下脂肪を燃焼させる効率が悪くて、脂質で太りやすいタイプ。女性の場合は、お尻や太ももから太ります。体温が下がると代謝が低下して、特に下半身に皮下脂肪として蓄積されやすくなるからです。下半身がどっしりすることから「洋なし」に似ています。
●食事の傾向
肉や揚げ物・クリームが好き
焼肉や唐揚げなど脂質が高い食べ物を好む傾向があります。
●ライフスタイルの傾向
ストレスが溜まるとたくさん食べたくなる
お腹が空いても我慢できるけれど、その分まとめて食べようとしたり、ストレスが溜まるとたくさん食べたくなる傾向があるそうです。
●控えたい栄養素
脂質
脂質の多いお肉や揚げ物などは避けてください。ドレッシングはノンオイルにして、シチューも意外と脂質が高いので気をつけましょう。もちろんケーキやお菓子も控えた方が良いです。
バナナ型

たんぱく質の吸収が苦手で、
筋肉がつきにくいタイプ
アダム・イヴ型

バランスの良い食事で、ダイエット効果が出やすいタイプ
●特徴
たんぱく質の吸収が苦手
糖質・たんぱく質・脂質を素早く分解して消費してしまう体質です。特に、血液や筋肉などの材料になるたんぱく質が不足しやすいため、筋肉がつきにくい傾向があります。年齢とともに内臓脂肪がつきはじめて、「隠れ肥満」になります。また、太ると全身に脂肪がつきやすいです。しかし、筋肉はつきにくいので、太ると痩せにくいタイプです。体型が一見細身な「バナナ」に似ています。
●食事の傾向
あっさりしたものが好き
野菜やお刺身など比較的あっさりしたものを好む傾向があります。
●ライフスタイルの傾向
朝が弱くて、食事を抜きがち
朝の目覚めが悪い人が多くて、朝食を抜く人もいます。また、食事の時間に食べられなくても大丈夫なタイプなので、食事が不規則になったり、抜きがちになってしまいます。
●摂取したい栄養素
たんぱく質
赤身のお肉・鶏のささみ・魚類・貝類・牛乳・卵・豆腐や納豆などの大豆の良質なたんぱく質を意識して摂りましょう。
太る原因
遺伝子ではなくて生活習慣による可能性が大きい
体重・体脂肪が増える原因は2つ考えられます。
①お腹周りの脂肪は糖質の摂取量が多すぎるのが最大の原因です。基本的には糖質を控えることが重要です。糖質を多く摂ると、血糖値を下げるためにインスリン(ホルモン)が多めに分泌されて、血糖値が下がってもインスリンが血液内に残っていることで、脂肪の蓄積につながります。
②女性の場合、お尻や下半身の脂肪は年齢とともにエストロゲン(女性ホルモン)が低下して、皮下脂肪が蓄積されていきます。この場合は、体温を低下させないようにして、脂質の摂取量に気を付けましょう。
遺伝子の変異
この検査の肥満遺伝子に変異はないです。
日本人における割合
このタイプに該当するのは、日本人のうち約4%と言われています。

「りんご型や洋なし型」は、糖質や脂質が太る原因であり特徴になるので、そのような太る原因になる栄養素は避けなければいけません。
それに対して「バナナ型」は、栄養素を避けるのではなく意識的に摂らなければいけません。なぜなら「筋肉がつきにくい」という特徴があるからです。筋肉をつけるために必要な栄養素となる「たんぱく質」を意識的に摂らなければいけないんです。
「アダム・イヴ型」は他のタイプと違って、太る原因でなく他の生活習慣などが関係しているそうです。
それぞれの遺伝子型ダイエットタイプに合った予防策を行うことで、効率的にダイエット・ボディメイクをしましょう。

「バナナ型」について

遺伝子型ダイエットタイプは主に4種類ありますが、私の遺伝子型ダイエットタイプである「バナナ型」について詳しく説明しますね。
バナナ型は、「筋肉がつきにくくて、一度太ると痩せにくいタイプ」だそうです。バナナ型の人は、さらにこんな特徴があります。

①太ると全身がサイズアップ
手足が長くて、ひょろっとした体型。太らないのは良いけれど、胸板が薄い・骨細で筋肉がつきにくいのが悩み。10代まで太ったことがない人がほとんどで、30代半ばから脂肪がつきやすくなってしまうそうです。筋肉が少ないので引き締まった印象がなく、実際の体重よりも太って見られがちです。
②太りにくいけどやせにくい
たんぱく質を消費しやすい・筋肉がつきにくい傾向があるので、筋肉量の少ない人が多いです。そのため一度太ってしまうとエネルギーを消費しにくく、痩せるのが大変になります。
③あっさりが好きなヘルシー嗜好
野菜・果物・魚・豆腐・海草など比較的あっさりしたものを好む傾向があります。胃腸が弱く、もたれやすい肉などが苦手な人もいるそう。しっかりとよく噛んで、胃の負担にならないように食べましょう。
④体力・免疫力不足に注意が必要
エネルギーの消費は得意ですが、たんぱく質を分解する力が比較的強いのでたんぱく質が不足しがちです。そのため体力や免疫力が低くなりやすかったり、疲れやすい特徴があります。

私はこの特徴を見てゾッとしました・・・!自分に当てはまる当てはまる。。。

もともと「体力や免疫力が低くなりやすい」という自覚がありました。原因は運動不足だと思っていたのですが、検査結果から「エネルギー消費が得意な一方で、たんぱく質を分解する力が強い」ことも関係していたということが分かりました。
エネルギー消費が得意な一方でたんぱく質を分解する力が強いと、たんぱく質が不足しがちになります。そうすると、体力や免疫力が低くなりやすかったり、疲れやすくなるんですね。

「たんぱく質」は、身体づくりに大きく関係する栄養素なのでたんぱく質不足は大敵です。
検査結果のアドバイスにも、ダイエットのポイントは「高たんぱく質の食事と筋トレ」とありました。

バナナ型は「高たんぱく質の食事」が大事

バナナ型はたんぱく質が不足しがちなので、「高たんぱく質の食事」をするのが良いそうです。ポイントは3つあります。

  • たんぱく質をしっかり摂る
  • 食事は抜かずに規則正しくとる
  • 食事の順番で最初にたんぱく質の食材を摂る

たんぱく質が不足しそうな時は、副菜に豆腐や魚介類を入れたり、間食にナッツ類などを摂って補うこと。また、肉類の脂肪分はたんぱく質の吸収効率を低下させるので出来るだけ避けると良いそうです。

担当トレーナーの方からのアドバイス

今回のダイエット遺伝子検査の結果をもとに、現在私が通っているパーソナルトレーニングジムの担当トレーナーさんにもアドバイスをいただきました。

私は、検査結果を見てバナナ型であることが分かり、自分の身体について知りました。
担当トレーナーさんは、もともと「洋なし型」といった一部の身体のタイプは知っていました。なので、細身の人や筋肉をつけたい人は、筋肉がつきにくいというバナナ型の特徴が見られるのでバナナ型の可能性が高いと判断できるそうです。つまり、担当トレーナーさんは身体の特徴からその人の身体のタイプを判断できるんですね。

このようにトレーナーさんは、お客様の大体の身体のタイプは自分で判断できるけれど、今回私が利用したダイエット遺伝子検査を使うことによって、「科学的に裏付けされているデータがあることで、確信を持って身体のタイプを判断することができるのでダイエットやボディメイクをする時にはとても有効的ですね。」とのことでした。

バナナタイプの人へのアドバイス

私のタイプ「バナナ型」の食事やトレーニングについて、担当トレーナーさんからこのようなアドバイスをいただきました。ダイエット遺伝子検査の結果に加えて、さらに具体的でパーソナルなアドバイスをいただきました。アドバイス内容が具体的で、さらに自分の身体について知ることができました。

  • たんぱく質をこまめにとる
    「たんぱく質」の食材でも、動物性たんぱく質・植物性たんぱく質両方を色々な種類の食材から摂ることで、相性や吸収率が変わるので、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の両方から摂った方が良いと言われているそうです。食材の種類は「肉・魚・卵・豆・プロテイン」など。
    また、バナナ型はたんぱく質の吸収が苦手です。つまり、「たんぱく質を一度に多く摂ると吸収しづらい」ということで、2〜3時間置きにこまめにたんぱく質を摂るのがベストだそうです。理想は1日5食に分けてたんぱく質を摂取するのが良いそうです。
  • トレーニングは、ウエイトトレーニングをする。
    有酸素運動は、脂肪燃焼・筋肉分解してしまうので、筋肉がつきにくい人はオススメしないそうです。バナナ型は筋肉がつきにくいので、筋肉を分解してしまうと筋肉もつかないし痩せづらくもなってしまいますよね。身体づくりの基本は筋肉をつけることからスタートします。
全タイプの人へのアドバイス

私はバナナ型だったので、「たんぱく質をこまめに摂ること」や「ウエイトトレーニングを中心にする」といったアドバイスをもらいました。トレーナーさん曰く、タイプを問わず全タイプの人に共通して言えることがあるそうです。

  • たんぱく質は意識して摂ること
    たんぱく質はタイプを問わず、身体づくりにおいて重要な栄養素です。
  • 脚を鍛えること
    脚を鍛えることで、代謝が良くなります。

まとめ

ボディメイクやパーソナルトレーニングジムに通おうか悩んでいる人は、一度このダイエット遺伝子検査を受けてみるのも良いかもしれません。使い方も簡単なので気軽に受けることができます。

私のようにダイエット遺伝子検査を受けて、パーソナルトレーナーさんにも見てもらうことでダイエットやボディメイクがより効果的なものになります。まずは、いずれにしても自分の身体を知ることからボディメイクやダイエットは始まります。

自分の身体を知ることすら億劫な人は、全て最初からプロに任せるのも良いかもしれませんね。
私の通っているパーソナルトレーニングジムであれば、担当トレーナーさんが私の身体を理解して身体に合ったトレーニングや食事メニューを組んでくれています。なので、効率的で健康的なダイエットやボディメイクをすることができていますまた、長期的目線で身体づくりをしてくれるのでリバウンドなどはほとんどありません。
さらに今回は、ダイエット遺伝子検査の結果を共有してアドバイスもしてもらいました。ダイエット遺伝子検査の結果と担当トレーナーさんのアドバイスによって、さらに自分の身体を知ることができました。

ダイエットやボディメイクを考えている人は、自分の身体を知ることから始めてみてくださいね。ダイエット遺伝子検査、パーソナルトレーニングジムはより個人に寄り添って身体づくりをすることができるので、おすすめです。

ボディメイクをする女性に向けて、まとめ記事も書いています!
女性におすすめのパーソナルトレーニングジムランキングなども載せているので、合わせて見てみてください。